2017/10/21

物悲しい人間ドラマ


 北野武監督作品『アウトレイジ 最終章』。三部作も、これで終焉。脚本、映像、いつものとおり大好物だった。
 『アウトレイジ』や『仁義なき戦い』などのヤクザものを、「見終わった後、男性なら、肩で風を切って歩きたくなる」と評する人がいるのだが、そして、先日も、某テレビ番組で、本作について、そういうタレントがいたのだが、決して、そんなことはない。
 物悲しい悲喜劇、人間ドラマなのである。

2017/10/19

無事帰宅部番外編


 今宵は、「九州北部豪雨災害支援ライブ〜無事帰宅部番外編〜」@高円寺HIGH。KAZI君と高野哲さんの企画。今年7月に九州北部を襲った豪雨被害に対するチャリティイベント。KAZI君は、お父さんが、豪雨に見舞われた日田出身で、今回、ご親戚が亡くなられたそうだ。私も日田出身、いまも両親は日田に住むだけに、他人事ではない。というか、すべての災害、戦争、紛争は他人事ではない。
 そして、繰り広げられたカバー曲の饗宴。すばらしい夜だった。大分県日田市の出身者として、企画したKAZI君、高野哲さん、出演したミュージシャンの皆さん、観客の皆さん、そして、高円寺HIGHに感謝。

2017/10/16

アミア・ミラー


 土曜日に映画『猿の惑星 聖戦紀』を鑑賞。シリーズをずっと観ていたし、バート・ランカスターのオリジナル『猿の惑星』も子供の頃に、テレビの映画番組で観ていたので、『猿の惑星』って、何となく引かれてしまう。
 で、『聖戦紀』。シーザーシリーズは、どうなるのか。息子のコーネリアスは、今後どうなるのかという期待はあるのだが、一番気になるのは、言葉を失った謎の少女役のアミア・ミラー。スクリーンに現れた瞬間、クロエ・グレース・モレッツのデビューを思い出し、そして、それをも超えるのかと思った、いや、思っている。 
 今後、どんな作品に出演するのか、楽しみ。

2017/10/14

猿の惑星


 『猿の惑星 聖戦記』。『創世紀』『新世紀』に次ぐ、シーザーシリーズ、ラスト? 文句なし。シリーズを全て観てきたが、ぶれない設定。言い換えれば、まぁ都合はいい感じ。でも、すがすがしく劇場を出ることができた。シーザー、好きです。
 そして、今作のヒットは、ノバ役のアミア・ミラー。この配役が、この映画を飽きさせないものとしたな。

民主主義は、これだ!


 立憲民主党の「20171014 東京大行動」。応援弁士が、一水会の鈴木邦男氏と、小林よしのり氏。
 これが、良かった。真の保守とは何か。自民、希望は、米国追従、隷属だと。
個々の政策では違うことはあれども、右左真ん中が一同に介した風景は圧巻。そして、これこそが、説得と納得を繰り返し、苦労しながら前に進む民主主義の姿。
 枝野代表の言う、「右でも左でもない、下から前へ」「草の根」。いいね、サンダース、コービン、枝野で、日英米同盟を組んじゃいな。

2017/10/10

SAiNT SEX


 BiS、BiS、GANGPARADEの所属するWACK、前述の3ユニットから2人ずつの選抜、SAiNT SEX、「タワーレコード新宿店19周年 × WACK スペシャルライブ」のアンコールで、初お披露目。単純に、プー・ルイとアイナ・ジ・エンドが同じステージでパフォーマンスしていると、アガル。限定音源、ゲットしたい。来週、がんばらねば。

夢の途中


 「タワーレコード新宿店19周年 × WACK スペシャルライブ」。BiSH、BiS、GANGPARADEのスリーマン。
 トリは、BiSH。圧巻だった。シンガロングな曲が中心のセットリスト。今日は、男性が多かったせいもあって、否が応でも盛り上がる。アイナ・ジ・エンドの歌唱力と、セントチヒロ・チッチの表現力が素晴らし過ぎた。


 BiS、先週、プー・ルイが復活。「BiSBiS」からスタートのセットリストは、ラストの「NERVE」意外は、新生BiSの曲。それだけ、現体制を大切にしているのかと。良かったけど、多分、何かが足りない。こないだのBLITZでも感じたんだよね。夏の味園ユニバースのライブとか良かったんだけど。ただ期待値は最大限。


 GANGPARADE。カミヤサキがいた頃とは、がらっと雰囲気も変わっている。アイドル色が強くなったかな。現BiSオリジナルのアヤプリがいるのだが、馴染んできたかな。BiSに戻って来るのかね。

 同じ事務所で、それぞれに。思うこともあるだろうし、こういうイベントはいい。まだまだ、みんな、夢の途中。楽しみたい。

2017/10/06

Road to KOKUGIKAN


 BiS「IDOL is DEAD」。8月に延期となった赤坂BLITZ公演の仕切り直し。しかし、活動停止中のプー・ルイ抜きの6人編成。さて、いろいろあったし、マニアックなので詳しく、後ほどということで、速報的に報告すると、プー・ルイ、途中から復活。やっぱ安定するね。そして、メジャー・デビューの発表に続いて、来た!3.4両国国技館公演が決定。行くしかないでしょ。

2017/10/04

ディーセント


 今晩は、ライターで保育士のブレイディみかこさんと哲学者の國分功一郎さんのトークイベント@神楽坂 LA KAGU。ブレイディさんの『子どもたちの階級闘争』は新潮ドキュメント賞を、國分さんの『中動態の世界』は小林秀雄賞を受賞と、今年特に話題のお二人のトークは熱くて、冷静で、楽しくて、刺激的だった。
 このご時世、話題は日本の政治状況にも及んだのだが、國分さんが、樋口陽一先生が、「魯迅が、当時の中国人について、砂のようだ」と紹介していたことを引用し、いま、右や左に縦横無尽に流れる日本人は「砂のよう」だと。
 ブレイディさんも、「日本人は、スティッキーじゃない。粘性、ある種の保守性がない」と。サッチャリズムに乗っ取られたイギリスが、評価はいろいろあるが、ブレア労働党政権になるには、ある程度の時間を要したし、また保守党政権になって、そして今、コービンが社会主義者を自任し若者の支持を得ているのも(労働党党員は、コービン以前の2倍だとか)、コービンが80年代から主張を一貫して変えなかったこと、粘性のある運動を展開してきたからだと分析。
 それぞれ、「アナーキズムは尊厳」(ブレイディさん)、「出発点は自由」(國分さん)と著書でも記しているが、アナーキズムは自由であり、リンクしループする。
 コービンが、終始「ディーセント」な暮らしを求め、ディーセントな政治手法で他者を攻撃しないという話を聞き、あー、この国の政治リーダーってと頭を抱えても仕方がないので、腰を据えて、立憲民主党を支援することにするので、立憲民主党、少なくとも20年は、なくならないように。

2017/09/23

黒猫10周年


 今宵は、黒猫チェルシーの結成10周年記念3daysの中日。FINLANDSとの対バンライブ。FINLANDS良かった。真夏のフェスでも来ているというファー衣装なんて情報はどうも良いほど。シャープなギターポップ。黒猫との親和性はあるのかな。
 そして、黒猫チェルシー。3年ぶりに観たのだが、もともとレベルは高くて好きなバンドなのだが、いいーーー。素晴らしい。ドイツのKAVADARとのツーマンを願う。そして、ラウドパークに出て、度肝を抜いてやれというくらいの澤君のギター、いやがっちゃんのベース、宮田君のドラム。そこにがっちりとのっかる大知のまっすぐな歌。べた褒めします。
 アンコールの1曲は、彼らが生まれた1990年に発表されてジッタリン・ジンの『夏祭り』。案外に客層がイカ天世代っぽくってね。朝の連ドラの影響もあって、おばちゃん多いかも。それも良し!

あん


 映画『あん』。元ハンセン病患者と悩めるどら焼き職人、そして、家族との距離を感じている中学生を中心に物語は進む。静かな映像。その静けさが、優しさとともに、人間の差別意識を浮かび上がらせる。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、そして、後半でもの凄い味付けを加える市原悦子、キャストも素晴らしい。劇場で観たかったな、と思っていたら、10月に目黒シネマでやるみたい。

春ねむり


 ひょんなきっかけ、というか、大好きな後藤まりこが復活してギターで参加しているというので、全く予備知識もなく買ってみた春ねむりの新作。いろんなサイトのプロフィールを見ると、ラップっていう触れ込みなんだけど、ラップちゃラップ。でも、後藤さんのボーカルスタイルにも似ているような。好きだな。ライブ、観に行ってみよう。

2017/09/22

ゼゼゼとベルハー


 THERE THERE THERES(旧ベルハー)の2ndシングル「There’s something behind先行販売ライヴ」@目黒鹿鳴館。CDに収録された3曲は、何だ? イタリアン・ロック、サイケ、ガレージ、テクノ?が交錯する3曲3様。1stシングルと続けて聴き、さらにベルハーを聴くと、進化というか変身の具合がよく分かる。いい。
 そして、ライブでは、ベルハー時代の曲もやるのだが、これもゼゼゼ流に昇華されている。帰りの電車で、ベルハーの楽曲を聴き直したが、全然違う。メンバーが違うので当たり前なのだが。おもしろいな〜。またライブに行きたい。

2017/09/20

『戦争のはらわた』


 サム・ペキンパー『戦争のはらわた』。必見、戦争が、どんだけくそつまらんかが、よく分かる。『ハクソー・リッジ』の正反対に位置する作品。ドイツ側から描いているのも、対置するロシアっていう設定も素晴らしい。

2017/09/19

戦争を知ろうとしない子供たち


 エミール・クストリッツア監督最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』。監督の作品を経験済みだと、まー分かるが、予告編との落差がすごい。ほんと、盛り上げて、盛り上げての、バッドエンドなんだけど、希望は残すというね。「平和だったら」「戦争がなかったら」。日本に住む私が感じ得ない日常が、ある国・地域。戦争は過去の記憶ではなくて、今そのものであることを思い知らされた。そして、戦争が「終わった」として、その後に、残された地雷、地雷、地雷。
 「戦争を知ろうとしない子供たち」にならないための作品。

2017/09/16

『アンダーグラウンド』完全版


 エミール・クストリッツア監督作品『アンダーグラウンド』(1995年)。監督の祖国旧ユーゴスラヴィアの50年にわたる戦争、内戦の歴史をブラックに、そして時にユーモアを交えて描いた感動作。昨年、恵比寿ガーデンシネマでの再上映を観て、ストーリー、映像、音に、衝撃を受け、そしてラストで涙。翌週に、また観に行って、そして、Blu-rayを購入し、いまも、たまに観ている。
 その『アンダーグラウンド』が、監督の新作『オン・ザ・ミルキーロード』の公開に合わせて開催されている特集上映『ウンザ! ウンザ! クストリッツア!』内で、再上映。しかも、完全版と銘打って、劇場版とは違うテレビ放映版6エピソードを2回に分けて一挙上映。前後編合わせて、5時間14分。
 初日の土曜日、鑑賞。素晴らしい。戦争、紛争、虐殺、難民、愛、裏切り。今の世界情勢を予見しているかのよう。

2017/09/14

4人組


 メンバーが増えたり減ったりすることで、お馴染みのThere There Theres(旧ベルハー)。5月以来にライブを観に来たが、一人減って4人。その時々の彼女たちの良さがあるのだが、唯一のオリジナルメンバー、カイちゃん、そして、もはや古株と言っていい玲奈は、安定的なのだが、芽衣、かりんが、素晴らしく成長していた。特に、芽衣は、旧メンバー朝倉みずほに迫るほど。かりんも、良いよ。メンバーが少なくなった分、誰が目立ったのかが分かりやすいしね。
 来週は、目黒鹿鳴館で、ニューシングルの発売記念。そりゃ、行くでしょ。

2017/09/13

人生はビジネスではない


 ジム・ジャームッシュ監督、the stoogesのドキュメンタリー映画『GIMME DANGER』。良かった。the stoogesの生い立ちや、葛藤がていねいに描かれている。でもね、ジム・ジャームッシュなわけで、そして、観客の前提が、the stoogesのファンなわけで、良い感じに破天荒なエピソードは省かれていて、もっと内面や家族の話などに描写の重点が置かれていたのも、好きなポイント。そして、the stoogesは名曲が多い。
 「音楽は人生、でも、人生はビジネスではない」というイギーの言葉が染みた。

2017/09/05

ルパン vs 複製人間


 『ルパン三世 ルパン vs 複製人間』MX4Dバージョン観て来た。けっこうシュールで、今の時世に合わない表現もあるが、発想自体は面白い。
 ルパンって、制作スタッフによって、作風がまったく違うのも面白いところだが、この作品を小学生のころ観たという事実が、実は一番の驚きだった。親、よく観に連れていったな〜。ちなみに、久留米の映画館だった。

2017/09/03

大好物


 maeの『THE EVERGLOW』再現ライブ@代官山UNIT。絶対に見たかったやつ。いきなり『THE EVERGLOW』から始まるのかと思いきや、代表曲3曲で会場を温めてから、『THE EVERGLOW』のS.E.で、一気に場内爆発。あとは、名盤が再現されていくのだが、シンガロングに次ぐシンガロング。メロディーがきれいで、音が重厚で、エモーショナル。素晴らし過ぎる。アンコールでは、新曲も。今回が最後の来日かな~とも思っていたのだが、また来てほしいし、アメリカでも見てみたい。ホントに、良いライブだったよ。大好物。

Set List
01. BLOOM
02. EMBERS & ENVELOPES
03. REFLECTION
EVERGLOE INTRO S.E. / JAM WE’RE SO FAR AWAY
04. SOMEONE ELSE’S ARMS
05. SUSPENSION
06. THIS IS THE COUNTDOWN
07. PAINLESS
08. THE OCEAN
09. BREAKDOWN
10. MISTAKES WE KNEW WE WERE MAKING
11. COVER ME
12. THE EVERGLOW
13. READY & WAITING TO FALL
14. ANYTHING
15. THE SUN & THE MOON
EN.1 OUR LOVE IS A PAINTED PICTURE
EN.2 JUST LET GO 

2017/08/27

プロレスリング


 葛西純プロデュース「デスマッチカーニバル」。メーンは、King of FREEDOMS チャンピオン・正岡大介と挑戦者ミエド・エクストレモのデスマッチ。4つのコーナーには、ガラスボード×2、画鋲ボード、カミソリボード。両選手ともに、と言うか、出場選手はみんな、基本がしっかりしているので、ハードコア、デスマッチな側面だけでなく、素晴らしいプロレスリング。そして、痛々しい。素晴らしい。
 私の後に座った5人グループ、4人はプロレス生観戦は初だとか。みなさん、涙が出るほど感動した、プロレスってすごいんだねと。集客もまずまず。FREEDOMS、勢いしかないぞ。

2017/08/18

サブリナパンツ


 TOHOシネマズが今年の春から開催している午前10時の映画祭。デジタル・リマスターされた名作の数々を午前10時から上映し、入場料は1100円。こりゃいいねと、30数年前にレンタルビデオで観た『麗しのサブリナ』を鑑賞。オードリー・ヘップバーン、ハンフリー・ボガード、ウイリアム・ホールデン。両親の影響で、50年代の映画も大好きだったので、改めて観たわけだが、設定と展開がくだらな過ぎて、ショッキング。オードリーは貧乏人の設定たが、衣装が豪華過ぎるなど、ツッコミどころも満載。
 でも、時折クスッと笑ったりできて、面白かった。ハリウッドらしいセットとか、オーケストラによる音楽、そして、何よりモノクロの映像が新鮮で、良かった。

2017/08/14

Fly


 2013年9月、新宿タワレコのアイドルコーナーで、見つけた1枚。すげーアイドルがいるって聞いていたので、視聴してみると、これが、良いではないか。BiSねと思い、購入。これが遅れて来た研究員としてのスタート。


 そして、その年の11月、BiSが武蔵大学の学祭に出るというので、観に行ってみる。うん、良いではないか。先輩研究員のノリがすさまじい。ヲタなのかパンクなのか。


 そして、その年の12月、やつへの誕生日プレゼントはBiSのDVD。2013年秋が始まりだったわけね。と、感慨にふける。
 次回ニューシングルのカップリングは、「Fly」だとさ。また始めるのね。

2017/08/12

諦めない


 炎天下での開催となった沖縄県民大会。参加者の皆さんの熱い「NO 辺野古新基地」「絶対にあきらめない」という気持ちを共有したい。それにしても暑かった。この状況で、救護された人ゼロ。沖縄の皆さんの気概と準備の良さを感じる。

2017/08/11

メキシカン・デスマッチ・ファイター


 今宵は、弟と2人で、FREEDOMSの『unchain night 2017』。葛西選手らのユニット、unchainの主催で、カミソリボード、ラダー、蛍光灯など多彩な凶器が用意された激しく楽しい興行である。


 で、葛西選手らも素晴らしいのだが、お勧めは、メキシカン・デスマッチ・ファイターのミエド・エクストレモ、シクロペ、


 と、ビオレント・ジャック。向正面なので後ろ姿になってしまったが、この3人、プロレスファンは、絶対にチェックしておいた方が良いかと。
 飛べるデスマッチ・ファイターはいるが、そこにメキシカンのムーブ。たまりません。
 次回の後楽園ホールでは、 葛西選手とビオレント・ジャックとのシングル。果たして、どんなデスマッチが繰り広げられるのか。楽しみだね。

2017/08/09

ゲバラとアラーキー


 恵比寿のガーデンホールでゲバラの写真展。すっごい真面目な人だと分かる、言い換えると、面白みに欠ける写真。歴史的な意味合いはあるとは思うし、ゲバラの目線は面白いんだけどね。ほんとに妥協とかのない人だったんだろうね。そこが、カストロとの違いなのかな~。ほんとに「まっすぐ」です。



 そして、同じく恵比寿の東京写真美術館では、アラーキーの「センチメンタルな旅」。 こっちは、愛と切なさとが混じり合う、いい作品が多かった。陽子さんの表情が素晴らしい。ブレとかも良いよね。
 だが、構図を見ていると、アラーキーもすごい真面目なんだろうなと。案外、ゲバラとアラーキー、似てるのかもな。

2017/08/07

『きっと、いい日が、待っている』


 映画『きっと、いい日が、待っている』を鑑賞。1960年代、コペンハーゲンの児童養護施設で実際に起きた、幼児虐待をモチーフにした、幼い兄弟たちの物語。観ているうちに、怒り、せつなさ、悲しさ、温かさが交差する。今でも、児童養護施設や介護施設での虐待が起きている。その他にも、生活保護の水際問題など。ともすれば、行政や施設の論理がまかり通ってしまうのだが、そこに人権侵害や理不尽さが含まれている日常は許されない。すべての人に観てもらいたい、痛いほどに良い作品。

2017/08/06

せつなさ


 BiS、赤坂BLITZワンマンのはずが、ペリ・ウブ(メンバーね)が感染性腸炎で入院のため、延期。替わりに同じ事務所のBiSHとGANG PARADEのツーマンと相成った。最後に、BiSが登場して、あいさつ。プールイが締めたが、後輩のBiSHはすでに幕張でワンマン。正直いろんな思いが交差していると思う。せつないが、これがBiSなのかな。10月6日のBLITZワンマンが楽しみである。


 そして、久しぶりに観たBiSHは、すごかった。「星が瞬く夜に」の振りを覚えていた私も素晴らしい。

2017/08/03

ローカルプロレス


 Freedomsの佐々木貴プレゼンツ『プロレス群雄割拠』。ローカルプロレス団体を集めての後楽園ホール興行。試合前には、葛西選手の写真を撮影。完全に、キッズな私。


 今日はほとんどの席が自由席で、近くでも観られるのに、気づいてみれば、いつものバルコニー。


 ざっくりだけど、どの団体も良かった。各団体の応援団も多くてね。ローカルで、小さくて、それが本業でない人もいて、でも今日出場した人は全員プロレスラー。皆さんのことが好き過ぎて。最後を締めた、GUNSO選手の「俺らがプロレスラーとして認められたのは、地元の皆さんと、ここにいる皆がいるから」な言葉は涙しかない。インディここにあり。
 次回、12月26日に、各団体の代表による6人タッグトーナメントも発表された。さぁ、楽しみが増えたね。

2017/07/25

衝撃と偶然の産物


 デボラ・ハリー。完璧な出で立ち。フォトグラファー、ボブ・グルーエンの写真展に行ってきたが、もう狂いそうなまでの空間。あの写真、この写真。ミュージシャンとの距離感がたまらない。


 クラッシュとかピストルズとかジョン・レノンとか、いろんな写真があるのだが、私にとって、ボブ・グルーエンは、70年代前半のニューヨーク・パンクかな。大好きな音とビジュアル。


 写真集とTシャツはマストでした。


 そして、入ってすぐで流されている鮎川さんのコメントには感動しかない。ロックって、衝撃と偶然が入り交じってるんだなって。この映像は必見です。

2017/07/22

プー・ルイ


 BiSの「Bad Social Tour」@大阪美園ユニバース。BiSライブを、美園ユニバースで観られるとはね、感慨深い。
 「nerve」でスタートしたライブは、とにかく楽しいの一言に尽きると思っていたが、同じ日に、BiS解散後にした同じ事務所のBiSHが幕張メッセ公演。7000人を集めたとか。10倍以上の集客。それをふまえ、ラストのプー・ルイのMC。泣けるじゃないの。付き合いますよ、がっつり乗っかって。行きましょう、ピリオドの向こうへ。
 そして、アンコールラストは、「レリピ」。あの横浜アリーナ公演のラストと同じ曲。文句なし。プー・ルイ、最高にかっこ良かった。